小児歯科

予防歯科について

小児歯科

子供の虫歯は家族の口からやってくる?

生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいない

虫歯とは、お口の中の感染症です。
虫歯の原因菌であるミュータンス菌などは、実は家庭内で感染していきます。
赤ちゃんは虫歯菌に感染する時期が遅ければ遅いほど虫歯になりにくいのですが、家族の口うつしやキスなどのスキンシップ、スプーンやコップ、タオルなどによる間接的な接触により、赤ちゃんに虫歯菌が感染していきます。
虫歯菌が感染しやすい時期は、生後1歳7ヶ月〜2歳7ヶ月の間です。この期間は「感染の窓」と呼ばれ、非常に重要な時期なのです。
スウェーデンのイエテボリ大学の研究では、2歳までに虫歯菌の感染がなかった子供が4歳になった時の虫歯の本数は、平均0.3本でした。一方で、2歳までに虫歯菌の感染があった子供の平均は5本でした。実に、16倍もの差ができたということです。

虫歯菌の感染を遅らせるために

1.お母さんやお父さんなど赤ちゃんと密に接触する人は、歯科医院で定期的に歯のクリーニングを行うこと。
2.できるだけ、お子様と同じ箸やスプーンを共有しないこと。
3.砂糖の入った食べ物や飲み物を与えることを控えること。
4.キシリトールやプロデンティス(サプリメント)を食べること。

などです。お子様のためだけではなく、ご自身の健康寿命を延ばすためにお口の健康に気を配ることを習慣化していきましょう。

子供の歯科医院通いを習慣にする

お子様の歯医者さん嫌いは深刻なものです。
子供のうちのみならず、この抵抗感は大人になっても引き継いでしまいます。
親御さんの中には、「私自身歯医者さんが苦手で…」と悩まれている方が多いと思います。
ご自分のお子様には、そんな苦労を味あわせないため、虫歯になる前に子供自身が歯の大切さを理解し、自分から歯医者さんに通える習慣をつけてあげましょう。
痛い治療がなければ何の抵抗もなく子供の頃から歯医者さんに通えるようになり、大人になってからも定期的に通う事ができるようになるでしょう。
特にお子様が小さな頃には、親が積極的に歯医者さんに連れてくることができるので、比較的心配は軽くすみます。重要なのは、12歳〜20歳くらいまでの時期です。
この頃は、偏った食生活や健康に無頓着になりやすい思春期ですので、虫歯になるリスクがぐっと高まります。ですから、12歳までに自分の歯の虫歯予防の基礎知識をつけてもらい、自分の歯を守れる子に育っていけるような関わりをさせていただきます。

フッ素

パイオキュア(イオン導入器)お子様の虫歯予防にはフッ素を用いた予防が効果的です。
フッ素には、歯を強くする、初期虫歯の再石灰化、虫歯菌の活動を弱めるなどの効果があります。
当院では、フッ素イオン導入器(パイオキュア)を使用しています。通常のフッ素塗布の約5倍の効果が期待でき、定期的に行うと虫歯になりにくい強い歯になります。

予防歯科の先進国スウェーデンでは、イエテボリ大学が推奨する磨き方(イエテボリ法)がスタンダードです。

1.フッ素入りハミガキ粉を2㎝くらいつける。(歯ブラシは力が入りすぎない鉛筆持ちで)
2.歯に対して45°の角度で細かく前後に振動。(ゴシゴシではなく、斜めにコチョコチョ磨く)
3.フッ素を口中に残すためゆすぎは1回だけ。(約10mlの水【ペットボトルのふた1杯分】でクチュクチュと30秒ゆすぐ)
4.フッ素の効果を長続きさせるため2時間飲食を控える。

シーラント

お子様の予防歯科治療に「シーラント」があります。
「シーラント」とは、奥歯の咬み合わせの溝の部分を封鎖し、その部分に起こる虫歯を予防する治療です。シーラントは、虫歯ができやすい時期や虫歯ができやすいと思われる場所に行います。特に咬み合わせの溝が深ければ深いほど、ブラッシングが行き届かず虫歯になるリスクが高まります。
シーラントの方法はとても簡単です。処置を行う部分をキレイにクリーニングし、そこに白いプラスチック様の材料を詰めるだけで、歯を削る必要はありません。

床矯正

お子様の歯並びでお悩みの親御さんも多くいらっしゃると思います。
当院では、永久歯が生えてまもないお子様には「床矯正」をおすすめしています。
永久歯が生えてまもないこの時期は、顎が未熟で、歯の生える隙間は不足しているケースが多くあります。そのため、歯がキレイに並ばないという問題が引き起こるのです。よって、早い段階で床矯正治療を行うことで、顎の発育の問題を解決していきます。
床矯正を始める時期は、個々のお口の状況によりまちまちですが、永久歯の前歯が生え変わることが一つの目安になります。治療開始時期が遅れると、治療が複雑になり費用と時間がかかるケースもありますので、早めにご相談ください。

【治療方法】

矯正取り外し可能な矯正装置を装着し、調整しながら歯の位置や顎の大きさを変えていきます。それにより、顎の発育、歯と顎のバランス、歯の位置の問題などを解消していきます。歯を抜かずに治療ができますし、着脱可能であるため、歯のクリーニングがしやすく、小さなお子様でも扱いやすいのが特徴です。
また、複雑な装置を使用しませんので、安価で治療が行えます。