良い脂肪・悪い脂肪

予防歯科について

良い脂肪・悪い脂肪

マーガリン脂肪は、私たちの体を作っている細胞・血液にとって大事な材料となり、いろいろなホルモンを作るのにも必要なものです。

体内に必要な脂溶性栄養分は、ビタミンA・D・Kなどの吸収を助けます。
しかし、脂肪にも、良い脂肪と悪い脂肪があります。
何でも積極的に摂れば良いというものではありません。
現代人は、オメガ6系の摂取過剰が指摘されてます。オメガ3系とオメガ6系の摂取バランスは1:4を目安にしましょう。

質の良い油
オメガ3系脂肪酸亜麻仁油・エゴマ油・シソ油
DHA・EPAなど青魚油
※加熱すると効果が落ちるので、生で摂取しましょう。
※炎症の抑制、血圧を下げる、精神安定などの効果が確認されており、DHA・EPAには歯周病の発症率を低減させるとの報告があります。
オメガ9系脂肪酸オリーブ油・キャノーラ油※酸化しにくいため、加熱調理に向いています。

質の悪い油
トランス脂肪酸マーガリン・ショートニングなど※人工硬化油に含有しています。諸外国では規制されています。
悪玉コレステロールを増加させ、善玉コレステロールを減少させる働きがあり、多量に摂取し続けると動脈硬化などによる虚血性心疾患のリスクが高まるとの報告があります。
構造がプラスチックにそっくりであることから「プラスチック化された油」の異名をとり、マーガリン・ショートニング・古い油や揚げ物に多く含まれます。
オメガ6系脂肪酸コーン油・ごま油・紅花油リノール酸と呼ばれ、現代人が極端な過剰摂取に陥ってる油です。
飽和脂肪酸(動物性)バター・乳製品・肉類常温で白く固まります。血液の粘度を高め、血流を悪化させます。